明けましておめでとうございます。

大変遅くなりましたが今年も宜しくお願いします。

2010年はやりますよ!
期待して下さい。

昨年末に一年間を振り返っての話を書きましたが、年もかわりましたので『過去は振り返らない』という事ですみませんが終わりにします。

今年に期待して下さい。

わがままを許して下さい。

今は、2月1日のキャンプinに向けて自主トレをしています。

僕は、名古屋でメジャリーガーのブレーブス斎藤隆さん、読売ジャイアンツの藤田さんとトレーニングをしています。

三年前から、一緒にトレーニングをさせていただいていますがもの凄くためになるし、勉強になる毎日を過ごさせてもらっています。
朝のウエイトトレーニングから昼間のグランドでの練習、そして夜は食事をしながら色々な話を聞いたりと最高に有意義な時間を過ごしています。

いろいろとアドバイスをもらったりしています。
藤田さんは、風貌は怖そうな感じがしますが優しいかたですよ。
斎藤さんは、僕が唯一憧れていたかたなので全てがかっこよくて最高です。

僕も一年でも長く野球ができるように頑張っていきたいと思います。

実戦に!

いよいよ実戦に入っていきました。

段階として、まずは球数の制限をして登板した後は千葉の病院でチェックしてもらうという事になりました。
以前、ここで書かせてもらっているので内容はそちらでお願いします。


正直な所、実戦に入っていっても肩の状態は二年前に比べると半分ぐらいでした。ブルペンに入る前にもいろいろとストレッチな運動をしないと投げれない状態でした。

数試合投げていくと痛みがでたり、なかなか夜も痛みがでて寝れなかったりと毎日が不安でした。

オールスターを過ぎた頃に、数ヶ月いろいろ試してきた事がかたまりこれならいけるという感覚が戻ってきました。周りの人にはもう大丈夫だろとか言われましたが、自分ではまだまだでした。

しかし一軍の試合も残りが50試合を過ぎ、僕も少しずつ焦っていきました。

どこかで、スパートをかけないといけない時期がくるのはわかっていたのでその時期も慎重に判断をして悔いの残らないようにしようと思っていました。


僕と、高村コーチの中でそのスパートの時期を9月に設定して8月終わりから勝負しようか!になりました。

ここはラスト1ヶ月は何が何でも試合で投げる、そして一軍の戦力となって戦うと決めました。


一軍もいい位置で戦っていたので少しでも力になりたいと思っていました。

続きです。

先日の続きを書きます。

トレーニング中に右の鎖骨を脱臼してしまいました。まだ仙台は寒くてからだが上手く動かない時期でした。その上、トレーニングや投球のレベルも上がってきていて、疲労でなったのだと思います。

かなりヤバかったです。
首は動かないし、寝ても痛いし食事も食べれないほどの激痛でした。

5日間も寝たきりでしたからね。そのときは、さすがにこれでダメだなって思いました。

肩もまた痛くなる恐怖がありましたから。

一週間程で、球場に行けるようになり少しずつ動き始めました。

ホントにきつかったです。
このケガで1ヶ月ぐらいゲームで投げるのが遅れてしまいました。
肩の状態が良かっただけに凹みました。

おきてしまった出来事はどうしようもないので、もう一度コーチと相談して復帰プランを立て直しました。
高村コーチはある意味ケガのプロなんで何でも相談できて安心できる人の1人です。

次にケガをしてしまったらもっと遅れてしまうので慎重に目標設定をして進める事になりました。

心は結構しんどかったですよ。

球団からもかなりのプレッシャーをかけられたりもしたので。

その裏返しは、まだ期待してくれているんだなと思いました。

そして上手くこのピンチを乗り越えて実戦に入っていきます。


それでは!

続き

ちょっと間が空きましたが続きを書きたいと思います。

入院が終わりキャッチボールが出来るまでに回復をしましたが、はじめの数週間は仙台と千葉の往復でした。
肉体的にも精神的にもこの時期が一番きつかったと思います。

キャンプに行ってないので野球をやる体にしようと必死に練習をしましたがなかなか出来上がらずにもの凄く焦りました。

やっぱり2月のキャンプはとても大切なんだと思いました。

仙台もだんだん暖かくなり、いろいろと千葉の先生とプランを考えてシーズンのどこらへんからチームに合流してゲームで投げられるかなど逆算の話し合いをしてどうにか夏頃には一軍の戦力になれるように頑張っていきましょう!と言う事になり物凄くワクワクしました。

まさかそんなに現実的な話しがでるとは思ってなかったからです。

しかし、この後復帰の時期を遅らせてしまった大きな失敗がありました。

最悪でした。


次回は、その事からです。

2009年の〓

これから数回に渡って今年を振りかえります。

まずは、昨年の今頃は右肩の治療で毎日、あちらこちらの病院や治療院に通っていました。
かなりきつかったし辛かった日々でした。
そこで、出会ったのが船橋の先生でした。
まさに運命でした。

そこのドクターに集中的にリハビリをしたら、手術をしなくても絶対に投げられると言われ、2月から1ヶ月の間、入院してリハビリと治療とトレーニングをしました。
はじめは不安で夜もなかなか寝れなくて大変でした。
プロ野球の選手が、キャンプに参加してなくて大丈夫なのかなぁ?と思いながら日々を過ごしていました。
入院から、二週間がたった頃、15メートルのキャッチボールができました。
キャッチボールをはじめる前日は凄くワクワクしました。やっぱり野球が好きなんだと思いました。

投げれた時は、痛みもなくホッとしました。
今でも忘れませんね。

そこから少しずつステップアップしていきました。

今日はこの辺で!


profile

Hiroki Yamamura

special link

ゆうとくんを救う会 width=

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

ブログパーツUL5